Listening 20以上ある方も

2009-06-21

ウェブトフル Listening 18 Dayコースの教材は、洋書DeltaListening分冊を使用しています。


この
DeltaListeningは、話が短めのものが多く、取り組みやすいという特徴を持っています。

99題のパッセージ、318問の設問)


また、本番試験と同じくらいの難易度のパッセージも多数収容されている、中上級者向けの問題集でもあります。


Delta
Listeningは本来、Listening20点以上ある方に向いた問題集です。


しかし、ウェブトフル
Listening 18 Dayコースでは、Listening15に満たない人でも取り組みやすいように、


難易度が少し低めの単語のリストへの掲載

それぞれの問題・設問への丁寧な解説


単語リストに関してはこちら


を行っています


無料体験では、解説の時間が長くなるため、授業で扱う非常に難易度の高い問題はお見せしていませんが、
DeltaListening分冊には、本番の中でも難問の部類に入る問題も多くあり、すでにListening25ある方でも得るものは多いはずです

 


(実際に、
AGOS Japan在籍当時に、すでにListening2526ある方にも、お勧めの市販教材として紹介していました。DeltaListeningは本試験と同じくらいの話のスピード、話の難易度を持つ極めて優れた問題集です。)


また授業でお伝えしている問題の解法や
Listening学習法は、どのレベルの方にも確実に役立ちます。


これまでこのブログで、優先順位の低いものにかける時間は減らすか、なくして、
TOEFL学習への時間を確保しましょうと繰り返し訴えてきました。

とは言っても、皆さんが、忙しい日常を大幅に変えられないということも分かっています。


Listening
のスコアをまだ上げる必要があるという方は、ウェブトフルListening 18 Dayコースを受講し、日常で見つけられるすきま時間を活用して「質と量と効率」を追求しましょう。


以上、ウェブトフルの宣伝でした。


コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。