リスコアでS 19 → 22(3アップ)のご報告をいただきました!

2011-02-21

このブログの読者のHさんから、

リスコアによってSpeakingが19から、志望校で求められていた22にアップした

とのご報告をいただきました。

また、リスコアでスコアの変更があった時は、リスコア代60ドルが払い戻されたとのことです。

以下、Hさんからいただいたメールのコピーです。
リスコアを検討されている方には参考になるはずです。
Hさん、わざわざ時間を取って詳細にご報告いただき、またブログ掲載へ許可をいただき、ありがとうございます。

これまでリスコアに関しては過去に何回か取り上げてきましたが、スコアが変わった場合、リスコアの料金が払い戻されるとは知りませんでした。
(ETSはどこにもrefundのことを公表していないと思います。)

———————————————————————————————-

葛山さま、突然のメール失礼いたします。Hと申します。

TOEFLのリスコアを考えていた際、
葛山さまのブログの記事にて、リスコアをすべきかどうかについての明晰な分析を拝見いたしましてリスコアをすることにしまして、よい結果を得ることができました。
お礼の気持を込めて、ご報告させて頂きたく、メールさせていただきました。

私の志望校ではSpeakingで22以上、Totalで100以上が求められています。
文末に私のスコア履歴をのせましたとおり、9月12日のテストでTotalで100点に達することができたのですが、Speakingが19点で、requirementに届きませんでした。
悩んでいたおりにウェブ検索で葛山さまのブログ記事にたどり着き、紹介されていたRubricを用いた理論的な分析をもとに、rescoreを申し込みました。
結果、19→22と、3点アップすることができ、なんとか志望校のrequirementをクリアすることができました。
葛山さまの分析のおかげであり、とても感謝しております。ありがとうございました。

なお、リスコアした結果、スコアに変更があった場合は、料金($60)が返還されました。
このことはETSのBulletinには明記されていないように思います(見落としておりましたらすみません)。
葛山様のブログにも記載頂けますと、リスコアを検討している受験者の役に立つのではないかと思いました。

素晴らしい情報を公開して下さり、ありがとうございます。
良質な情報が満載された葛山さまのブログは多くの受験生を救っていると思います。
私はもうTOEFLを受験することはありませんから今後何か情報をご報告することもできないのですが、葛山さまがこれからも素晴らしい情報を発信し続けて下さるよう、心だけでも応援させて頂きます。

test date      R       L        S        W        T       Sf.t.   Sc.s.   Sa.c.   Wint.   Wind.
———————————————————————————————-
Aug. 08,2009  25      30      11      22       88     Lim.    Lim.    Lim.    Fair    Good
Mar. 13,2010    28      22      22      25       97     Fair    Fair    Fair    Good    Good
May. 16,2010    28      26      18      24       96     Fair    Fair    Lim.    Fair    Good
Sep. 12,2010    30      27      19 24      100     Fair    Fair    Fair    Fair    Good
Sep. 12,2010    30      27      22 24      103     Good    Lim.    Fair    Fair    Good #rescore
Dec. 12,2010    30      26      20      28      104     Fair    Fair    Lim.    Good    Good

※ Sf.t.: Speaking, Familiar Topics
Sc.s.: Speaking, Campus Situation
Sa.c.: Speaking, Academic Course
Wint.: Writing, Integrated Task
Wind.: Wrting, Independent Task

———————————————————————————————-

Hさんは9/12のスコアをリスコアした結果、S 19 → 22、Total 100 → 103へとアップしました。
しかし、12/12のSpeakingをリスコアした時は、スコアが変わらなかったそうです。

リスコアすれば、スコアが上がるわけではありません。
変わらなかったり、下がる可能性もあります。

過去に100を獲得した受講生の方から

Speaking + Writing両方のリスコアを3回したが、Writingは1度もスコアは変化せず、Speakingは2回2点下がり、1回は変わらずであった

という報告をいただいたこともあります。

リスコアには点数が下がるかもしれないリスクが伴います。

リスクはスコア換算表を見ながら考慮しなければなりません。

TOEFL iBT Writing/Speaking換算表はこちら

例えば、Speakingで20を取ったが、必要なのは22としましょう。
S 20はSpeakingセクション6つのタスクのうちの4つで3、残りの2つが2であったことを示します。
Speaking 20をリスコアすると、通常、以下のスコアになる可能性があります。

3が2つ、2が4つ [3, 3, 2, 2, 2, 2] なら18点 (マイナス2)
3が3つ、2が3つ [3, 3, 3, 2, 2, 2] なら19点 (マイナス1)
3が4つ、2が2つ [3, 3, 3, 3, 2, 2] なら20点 (変わらず)
3が5つ、2が1つ [3, 3, 3, 3, 3, 2] なら22点  (プラス2)
3が6つ、2はなし [3, 3, 3, 3, 3, 3]  なら23点 (プラス3)

20→22のプラス2は「3が4つ、2が2つ(で20)」が「3が5つと2が1つ(で22)」へと、もう1つのセクションで2が3に変われば、達成可能なスコアなのです。

よって、過去のSpeakingのセクションでは22以上を取ることが多かったり、その時の試験でのSpeakingの出来にに自信があるのなら、リスコアした方がいいと言えます。

一方、Speaking 22の人がリスコアすると、6つのタスクのうちのたった1つで評価が下がることにって、Speakingセクションのスコアが20と2下がってしまうかもしれません。

SpeakingとWritingは、換算表に基づき、「評価が1上下するとスコアが2上下する」ところがあるので、その点を考慮してリスコアすべきかどうかを判断しましょう。

あと、以下、Hさんからお知らせいただいた、リスコアの結果に対するETSのレターのコピーです。

(リスコアの結果、スコアが変わらなかったとき)

Dear Examinee:

Your request to rescore the Speaking section of your TOEFL iBT test taken on the above test date has been processed.

Your spoken responses were rescored by two qualified raters who have confirmed that your original test score is correct as reported.

If you have any questions regarding this matter, please do not hesitate to contact us.

Sincerely,

TOEFL Services
(リスコアの結果、スコアが上がったとき)

Dear Examinee:

Your request to rescore the Speaking section of your TOEFL iBT test taken on the above test date has been processed.

Your responses were rescored by scoring specialists and this rescoring has resulted in a change in your test score.

Your revised score will be posted on the TOEFL Web site, and a revised score record will be mailed to you under separate cover in approximately one week. A letter of explanation and a revised official score report will be sent to any previously designated institutions.

If you submitted payment by check or money order, you will be refunded by check. If you submitted payment by credit card, a refund will be processed back to the original credit card.

If you have any questions regarding this matter, please do not hesitate to contact us.

Sincerely,

TOEFL Services

ブログへの掲載依頼のメールに対して、Hさんは、ETSのレターをわざわざスキャンまでして送ってくださいました。

これまで、今回のHさんのように、多くの方々からこのブログへ有益な情報を提供いただいてきました。
皆さんの「他のTOEFL受験者の役に立てれば」というお気持ちに、心より感謝申し上げます。

改めて、このブログは皆さんによって支えられていると実感します。
皆さんの期待に応えるため、これからもTOEFL受験者に役立つ情報の提供、スコアアップを達成するためのコース・プログラムの作成に努力していきます。

コメント
  1. こんにちは。

    今度TOEFL受験してきます。

    すごく役に立つブログだと思いました。

    なので、私のブログでリンクをはらせていただきたいのですが、

    よろしいでしょうか?

  2. Katsurayama より:

    梅田さん

    もちろんOKです。
    リンクしていただけるのはありがたいです。

    お役に立てて嬉しく思います。
    宜しくお願い致します。

    Katsurayama

  3. Hoshi より:

    はじめまして。初めて投稿させていただきます。
    現在2012年度からの留学に向けてTOEFLの勉強に奮闘中でございます。いつも先生のブログ大変参考にさせていただいております。
    さて、前回のテストで99をとり、目標の105までもう少し!!というところです。ただ、Speakingの点数が19点とかなり低いです。。本ブログでも何度か議論されていますとおり、リスコアを検討したいと思っています。(場合によっては100を超えられるかもしれないので。)
    過去の点数推移ほか、詳細ご相談させていただきたいのですが、メールをいただくことなどは可能でしょうか。。
    何卒、よろしくお願いいたします。

  4. Katsurayama より:

    Hoshiさん

    99の獲得、おめでとうございます。
    過去のスコア(サブスコア、そしてできればSとWのタスク別の評価)と受験日をコメント欄で教えていただければ、リスコアをした方がよいか私からのアドバイスをお伝えします。
    (場合によってはブログの記事として扱わせていただくかもしれません)

    宜しくお願い致します。

    Katsurayama

  5. Hoshi より:

    早速の返信コメント誠にありがとうございます。
    私の点数の推移ですが、以下の通りです。
    (左から受験日、R、L、S、W、Tです。)

    2010 11/28:20 14 18 21 73
    2011 1/8 :26 22 20 25 93
    2011 2/12 :24 15 19 24 82
    2011 2/26 :27 26 19 27 99

    スピーキングは前回(2/26)以外は

    Speaking about Familiar Topic : Fair(2.5-3.0)
    Speaking about Campus Situation : Fair(2.5-3.0)
    Speaking about Academic Course Content : Limited(1.5-2.0)

    であり、前回(2/26)の時はすべてFairでした。20の時もLimitedが混じっていて、今回は全てFiarなのに、何故19??と少し疑問を感じています。点数調整等があった結果でしょうか??

    ちなみに私は今回の出来としては、良くも悪くもなく、自分では判断しがたい感触でした。。

    ちなみに、Writingは、21と24のときは、Good & Fiar、25と27のときは両方Goodでした。

    お時間を取らせてしまい恐縮でございますが、何卒、コメントよろしくお願いいたします。

  6. Carve より:

    > Hoshiさん
    突然の書き込みすみません。私も、Speakingの内訳がFair, Fair, Fairなのに、2/26のテストでは、Hoshiさんと同じ19点でした。私のスコアの推移を記しておきますので、どうぞご参考までに。

    2010/10/09: 25 14 18[FLF] 15[LF] 72
    2010/12/19: 27 17 20[GLF] 22[GF] 86
    2011/01/22: 25 23 22[FFF] 24[FG] 94
    2011/01/30: 28 24 18[FFL] 25[GG] 95
    2011/02/20: 29 22 19[FLF] 24[FG] 94
    2011/02/26: 30 26 19[FFF] 25[GG] 100

  7. Katsurayama より:

    Hoshiさん、Carveさん

    すべてFairで19は問題ありません。
    何の調整も行われていません。

    Speakingは6つのタスクが3つに分けられ、Task 1, 2とTask 3, 5とTask 4, 6がペアになります。

    Task 1, 2 が 3と2
    Task 3, 5 が 3と2
    Task 4, 6 が 3と2

    なら、どれも平均2.5でFair(2.5-3.0)になります。

    さて、リスコアを検討されている

    2011 2/26 :27 26 19 27 99

    ですが、Wは過去最高スコアであり、リスコアしてもこれ以上アップしない可能性が高いのでお勧めしません。
    上がっても+1の28。下がったら-2の25になる可能性が大です。

    Sをリスコアするかは冒険です。
    過去のスコアから判断して、上がる可能性、下がる可能性、変わらない可能性、どれも同じくらいあると判断します。
    S 19の場合、リスコアで1つのタスクの評価が上がったら20。1つのタスクの評価が下がったら18と、変わっても現在のSのスコア+1/-1くらいに留まる可能性が大です。
    (+1なら100になりますが。)
    2つのタスクの評価が上がれば+3の22になりますが、その可能性は極めて低いと思います。
    (Sは21というスコアがないため)

    例えばHoshiさんにとって、「99が98になっても同じ価値。100以上が取れないと意味がない」ということならリスコアすべきでしょう。
    しかし、99というスコアを下げたくないのならやめておいた方がいいでしょう。

    目標スコアが105なら今、焦ってリスコアしなくてもいいはずです。
    今回リスコアを行わなくても、今後3か月以内に同じ99が取れた時に、どちらかの99のSかW、又は両方のリスコアを行う手もありです。

    Katsurayama

  8. Hoshi より:

    ご丁寧にご返信いただき、誠にありがとうございました。良く理解いたしました。

    確かにおっしゃる通り、目標が105以上ですし、今後もまだまだ受験する予定なので、今回はこのままにしたいと思います。

    今後とも本ブログ拝見させていただきつつ、頑張りたいと思います。ありがとうございました。

  9. Carve より:

    葛山先生

    ご教示どうもありがとうございました。今後ともブログを拝読し、勉強を続けてゆきたいと思います。

  10. Katsurayama より:

    Carveさん

    また何かありましたらお気軽にご質問ください。
    この場での回答は、多くの方にとっても参考になると思いますので。

    Katsurayama

  11. Show より:

    (こちらのコメントは旧ブログにいただいたものです。旧ブログの閉鎖に伴い、転載しています。)

    こんにちは。私もリスコアしたら、点数が上がりましたので、拙い点数と詳細をご報告いたします。
    test date    R L S W T Sf.t. Sc.s. Sa.c. Wint. Wind.
    ———————————————————————————————-
    Oct.17,2011 24 21 14 21 80 Lim. Lim. Lim. Good Fair
    Mar.20,2011 26 22 15 17 80 Lim. Lim. Lim. Fair Fair
    Mar.20,2011 26 22 17# 17 82 Lim. Fair. Lim. Fair Fair rescore#
    Apr.23,2011 29 16 15 18 78 Lim. Lim. Lim. Fair Fair

    SpeakingとWritingのリスコア依頼を5/9に一緒に出しており、Writingの点数が変わらなかったことについては、紙で、上の記事に書いていただいているとおりのお手紙が6/8に届いたのですが、Speakingの点数が上がったことについては、まだ何の連絡もないところです。

    もし教えていただければうれしいのですが、リスコアして点が変わった場合、点が変わったスコア表は黙っていても郵送で送られてくるのでしょうか。それとも予備のスコア表のところから注文しなければ紙では届かないのでしょうか?

  12. Jun より:

    突然のコメント失礼します。

    私は、留学のために、10/30,11/13,そして昨日11/26の3回TOEFLを受験しました。

    先に受けた2回分の結果は出ましたが、どちらも要求の61点を満たしていませんでした。

    そこでRescoreを行ったほうがよいのかアドバイスをいただければと思います。
    しかし、締め切りにそこまで余裕がないので、昨日受験した分の結果を見てからRescoreを申し込んだのでは間に合いそうにありません。

    2回分の結果は以下の通りです。

    10/30 R13 L12 S13 W17=55
    11/13 R15 L13 S15 W17=60
    詳細
    10/30 Speaking 3つ全てLimited
    Writing Limited, Fair

    11/13 Speaking Fair, Limited, Limited
    Writing Limited, Fair

    ちなみに、11/13はあと1点上がればよいのです。よろしくお願いします。

  13. Katsurayama より:

    Junさん

    11/13の60ですが

    S 15は2平均。
    内訳が、Fair, Limited, Limitedなら
    Task 1, 2のいずれかで3がひとつ、そして、残りのどこかで1がひとつと2が4つと思われます。
    もしリスコアによって、1つの3が再度3になり、残りがすべて2になれば、Sのスコアは17と+2になります。
    しかし、どこかのタスクで黙ってしまった時間が長いものがあれば、そこで1だったものは再度1になる可能性が高いでしょう。
    すべてのタスクで、内容はともかく話し続けることができていたなら、悪くても15、良ければ17になるかもしれません。

    Writingは過去にどれだけの対策を行ったのか、どのくらい書けたのか次第ではありますが、10/30, 11/13ともにLimited, Fairなので、リスコアしても変わらない可能性が高いと思われます。
    11/13のWritingの出来に自信があったのに、17だったということならば、リスコアする価値はあると思いますが。

    ポイントは1点足りない60でも留学が認められる可能性があるかどうかでしょう。
    61ないとダメということならば、リスコアにチャレンジしたほうがよいかと思います。

    Katsurayama

  14. Katsurayama より:

    (こちらのコメントは旧ブログに書いたものです。旧ブログの閉鎖に伴い、転載しています。)

    Showさん

    コメントの返答が極めて遅くなり、申し訳ございません。
    こちらのブログは2011/5/16で終了としていました。
    このブログを整理する必要があり、何千ものスパムコメントの中から、いただいたコメントを見つけました。

    > もし教えていただければうれしいのですが、リスコアして点が変わった場合、
    > 点が変わったスコア表は黙っていても郵送で送られてくるのでしょうか。
    > それとも予備のスコア表のところから注文しなければ紙では届かないのでしょうか?

    点数が変わった場合、変更されたスコアが郵送されます。
    すでにどのようになるか分かっていらっしゃるはずですが。

    リスコアをしてのスコア変更の結果をわざわざお知らせいただき、ありがとうございました。

    Katsurayama

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。