TOEFL OGは本試験よりも易しいか? その3

2011-01-13

CATEGORIES Official Guideby.Katsurayama2 Comments

昨年11月に以下の投稿で、Official GuideとTOEF iBT本試験の難易度の違いについて解説しました。

 

TOEFL OGは本試験よりも易しいか? その120101117日)

TOEFL OGは本試験よりも易しいか? その220101119日)

 

そして、その2の最後で

 

「次回は、OGと本試験のListeningの違いについてです。」

 

と予告したにもかかわらず2か月近くお待たせすることになってしまい、続編を期待していた方には申し訳ございません。

 

今日、やっと細かいデータをまとめる時間が取れました。

今回Official Guide(3rd Edition)のListening問題を分析するにあたって、OGに収容されているListening問題(音声つき)17題の「Conversation・Lectureの長さ(時間)」「Conversation・Lectureの語数」「wpm(words per minute:1分間に話される語数)」を測定しました。

注: ここでの語数は、タイピングのスピードを測るときのように5 letters(5 keystrokes)を1 wordとするのではなく、TOEFL iBT Writingセクションのエッセイ同様、それぞれの単語を1語とカウントし、算出した。

 

以下、測定の結果です。

 

問題 分野 長さ 語数 wpm
2nd 問題
Practice Set 1 conversation 2:52 599 209
Practice Set 2 philosophy 5:19 825 155
Practice Set 3 psychology 5:00 762 152
Practice Set 4 astronomy 3:55 601 153
Practice Set 5 botany 3:46 705 187
Practice Test 1 Q1-5 conversation 3:31 672 191
Practice Test 1 Q6-10 conversation 2:56 522 178
Practice Test 1 Q11-16 environmental science 4:24 713 162
Practice Test 1 Q17-22 philosophy 5:41 857 151
Practice Test 1 Q23-28 botany 4:22 778 178
Practice Test 1 Q29-34 business management 5:22 862 161
3rd 問題
Practice Test 2 Q1-5 conversation 2:18 396 172
Practice Test 2 Q6-11 anthropology 5:20 823 154
Practice Test 2 Q12-16 biology 4:44 717 151
Practice Test 2 Q17-21 conversation 2:27 487 199
Practice Test 2 Q22-27 astronomy 5:14 807 154
Practice Test 2 Q28-33 art history 6:03 831 137
小数点以下は、四捨五入。

 

その1、2では以下のようにお伝えしました。

 

———————————————————————————————-

実は、2nd Edition以前から存在したRLの問題と3rd Editionになって追加されたRLの問題は傾向が異なる部分があります。

3rd Editionになって追加された問題(Practice Test 2)のReading、Listeningの問題は、本試験レベルの問題といってもいいでしょう。
このOGのPractice Test 2の問題は、実際に、過去に本試験に出題されたものと思われます。

———————————————————————————————-

 

Listeningにおいても、Readingの分析と同様、もともと2nd Edition以前から存在した問題(2nd 問題:Practice Set 1-5, Practice Test 1 Q1-34)と3rd Editionで追加された問題(3rd 問題:Practice Test 2 Q1-33)を比べましょう。

 

大きな違いとして目につくのが2nd問題のPractice Set 4と5の時間。
ともにレクチャー問題でありながら、時間は3分台と短めです。

 

3rd問題のレクチャーがどれも4分後半以上の長さであり、また6分くらいのものもあることから、2nd問題には、本試験の問題と比べかなり短いものもあると言えます。

 

もちろん問題が長ければ必ずしも難しくなるわけではなく、実際に最長6:03のPractice Set 2, Q28-33は話の速度が137 wpmと他と比べるとかなりゆっくり話されているので、長くはなっていても聞き取りやすいと言えます。
しかし、問題が長くなるとその分集中力が薄れがちになり(正直、話に飽きてくることもありますね)、また、理解すべきポイントが多くなるので、受験者に対する負担が大きくなります。

 

また2nd問題のPractice Set 4と5は問題の難易度も易しめであるため、2nd問題への全体的な印象として、「本試験より易しい」と感じる人がいてもおかしくないでしょう。

 

しかし3rd問題(Practice Test 2)は過去に本試験で出題されたと思われる問題であり、3rd問題も含めたOfficial Guide 3rd EditionのListening問題全体は本試験とほぼ同様の難易度と言えます。

 

あと、本試験との比較ではありませんが、今回のデータで注目したいところは、Conversationの話の速度(wpm)です。
200wpm前後のものもあり、速い英語の聞き取りに慣れていないとCoversatio問題を正解するのは難しいでしょう。
Conversationが苦手な人は、本試験に近いスピードで話される問題集に取り組むことが有効です。

 

OGよりも本試験に近い問題集は他になく、TOEFL iBT Reading、Listening対策の仕上げとしてOGへの取り組みは欠かせません。
(注:現在はOGの他にETS作成の問題集としてOfficial Tests(赤い本)Vol. 1 & 2が販売されています)
大学受験の対策においても、仕上げとしての過去問への取り組みが有効なように、OGへの取り組みを通して、本試験の難易度・傾向を学びましょう。

 

コメント
  1. SHIMMY より:

    お世話になっております。

    OGの電子版はIpadで使用可能なのでしょうか?
    リスニングもIpadで使用する事って出来ますか?

    すごく初歩的な質問ですみません。

  2. Katsurayama より:

    SHIMMYさん

    こちらに関してはブログ記事に書きました。

    https://www.tofure.com/blog/?p=20295

    Katsurayama

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。