TOEFLのリスケジュール(テスト日・会場変更)費用は現在、無料です!

2020-07-31

CATEGORIES TOEFLお役立ち情報, 自宅受験TOEFLby.Katsurayama0 Comments

(以下の話のまとめ)

今のTOEFL iBTはテスト日・会場変更のリスケジュールの費用は無料。
「会場→自宅」「会場→会場」「自宅→自宅」「自宅→会場」すべてにおいてのようです。
(ちなみに「自宅→自宅」のリスケは、自分のProctorUのアカウント内で、何度でも無料でできます)

 

 

今年の4月初から自宅TOEFL(TOEFL iBT Special Home Edition)受験が日本でも可能になり、その後すぐに緊急事態宣言によりTOEFLの会場受験ができなくなりました。

 

その当時、会場受験を予約していた人は自宅TOEFLへの変更を余儀なくされたのですが、その際、ETSはその変更の費用は、通常とは異なり60米ドルの費用を取らずに無料で対応するとのことでした。

 

よって、リスケ費用無料は、会場から自宅TOEFLへの切り替えに適用されると思っていたのですが、そうではなく「会場→会場」の変更に対しても無料で行えるようです。

 

「会場→会場」のリスケに関しては、Twitterでお知らせいただきました。

 

 

また実は3/20にETSが「すべてのリスケの費用を一時的に放棄する」と言っていたことが分かりました。

 

 

なので「自宅→会場」へのリスケも無料でできるということなのですが、その場合、手続きとしては、自宅受験の予約が全額返金でキャンセル扱いになり、その後、クレジットカードに払い戻しされたお金で会場受験を自分で行うという流れであると、以下のTwitterでのご報告で分かりました。

 

 

Twitterからご質問、情報提供いただいた皆さんに感謝申し上げます。

 

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。