中国TPO Listening問題 300題に取り組んだが、Listeningがほとんど伸びなかった … その1

2020-06-21

トフレ Listeningコースの受講を始めたばかりの方から学習相談のメールをいただきました。この受講生の方の仮名をMさんとします。先日、Writingスコアアップで108点を獲得された方 をLさんにしたので。

 

以下、Mさんからいただいた相談内容の一部。実際にいただいた相談メールの情報量はもっと多いのですが、個人情報関連や今回のブログ記事のトピックにはつながらないものを省いています。(報告内の赤字は私がつけました)

 

Mさんは、中国TPOのListening問題すべて(300題ほど!)に取り組み済みで、Listeningに勉強時間のほとんどを割いたにも関わらず点数が伸び悩んでおり「非常に危機的な状況で焦っています」とのこと。

 

中国TPOとは「中国のTOEFL対策の学校が、ETSの公式模擬試験(TPO:TOEFL Practice Online)の問題を自らのサイト上で公開しているもの」。本試験50回分くらいが公開されています。

 

この中国TPOについては様々なところで取り上げられ、TOEFL対策を行っている人の多くが知っています。中国TPO問題への取り組みに対する危険性は過去に書いているので読んでいない方は是非一読ください。

 

» 中国のTPO(TOEFL Practice Online)で学習する危険性

 

ブログ記事では、

 

1. 本試験問題にこれだけ取り組み、多大な時間を費やしているにも関わらず、なぜListeningスコアが伸びないのか
2. Mさんは今後、トフレのListeningコースの受講をどのように進めていけばいいのか

 

について書きます。

 

ただ今回は、Mさんからいただいた報告の紹介に留め、伸び悩みの原因分析は次回「その2」で書きます(明日の予定)。

 

—————————————————————————————————————————-

 

以下、Mさんからのご相談内容の抜粋:

 

目標スコア:100

 

2019年12月 1日  R16, L16, S18, W17, Total 67
2019年12月14日   R17, L13, S19, W19, Total 68
2020年5月14日  R25, L16, S17, W20, Total 78
2020年5月24日  R23, L17, S18, W17, Total 75
2020年6月14日  R26, L17, S18, W20, Total 81

 

2020年1月から本格的にTOEFL対策を開始
学習時間は平日2時間、休日7時間程度
大学受験のころからListeningが苦手だった
1-2月はListeningだけに費やし、TPOで20回分×6題=120題程度

 

3月からTPOへの取り組みを再度はじめからやり直し、TPO50回分×6題=300題程度に取り組んだ
3月末からReading対策も開始し、こちらはTPO30回分に取り組み成果が出ている

Listening 1題に対する学習時間は、Conversationは30-45分くらい、Lectureは1時間-1時間半くらい
易しい問題や1-2月に解いた問題はLectureでも30分程度で終わることが多かった

 

週25時間を目安にしていて、8割ほどの時間をListeningに使った
GW前まではほとんどの時間をListeningにあてた

 

50回の分のTPO問題に取り組み後、2周目で15回分進んでいる
2周目でも1周目と同じくらいの点数、かつ同じところで間違えていることが多い
以前よりも正解率が高い場合でも、聞き取れているからというより、内容を覚えているから理解でき正解できているという感覚がある

 

<Listening問題 1題に対する取り組み方>

問題を聞く →  解答 →  再度問題を聞く → 再度解答 → 文章を見ながらシャドーイング → 文章を見ながら聞いても文意がわからないところは調べながら一度聞く → 文章を見ないでシャドーイング(全体を流して2-5回) → 一言一句ではなく、文章を聞きながらイメージがわくようになったら終了

 

最近になってようやくシャドウイングにも慣れてきたため、ここ1-2週間ほどは

 

問題を解く → もう一度問題を解く → 文章を見ずにシャドウイング → わからないところは文章を見ながら聞き取れるようになるまで何度も聞く → 最後に1.2倍速で全体を通して聞いて終了

 

以前と比べると音は聞き取れるようになってきたが、それをイメージに変換するのが苦手
そのため全体の概要がわかっても問題の正答につながらず、そこがネックになっていると考えている
また、そもそも聞き取ることができる音もまだ不十分で改善が必要だと思っている
あと、なぜかは不明だが、家で勉強しているときよりも本番だと全く聞き取れなくなる感覚もある

 

 

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。