TOEFLアカウント内で購入できる公式模試(TPO)について

2020-06-10

自分のTOEFLアカウント(My TOEFL Home)にログインして、”Shop for Test Preparation”をクリックすると

 

Shop for Test Preparation

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下の公式模試(TOEFL Practice Online、通称:TPO)などの申し込みページに移ります。
TPOは過去に本試験で使われた問題のセット。
ここではTPO27, 28, 29, 30が45.95米ドルと5,000円くらいで購入できます。

 

TPO27−30

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように45.95米ドルが公式模試1回分の価格なのですが、それを37%引き(45.95 → 29米ドル)で受験できる裏技があります。

 

» TOEFL iBTの公式模試、37%引きで受けられる裏技教えます!

 

この裏技で安く受けられるのはTPO31。
TPO31に対しては以下のように説明されています。

Save 37% off the retail price of USD$45.95 − pay only USD$29.00!
This TOEFL Practice Online test format corresponds to TOEFL iBT tests on or after August 1, 2019.

 

そしてその下のTPO26も同様に29ドルの割引価格で購入できるようなのですが、リンク先で紹介した裏技を使って、模試だけの購入で割引になるのはTPO31のみ。
割引価格で提供されるTPO26を購入するには、本試験の予約もしなければなりません。
(裏技を使ってカートから試験予約をremoveすると、TPO26の申込みも一緒に消えてしまいます)

 

TPO31 & 26

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと細かい話をしましたが、価格は違ってもこれらのTPO 26, 27, 28, 29, 30, 31、どれも新TOEFLの形式になっています。
つまりReading問題では、昔の60分で45問ではなく、いずれのTPOも新形式の54分で33問。

 

その昔これらのTPO Reading問題はいずれも45問あったのですが、新形式の今は12問分(45 – 33 = 12)減らされているので、実際のところReadingのどの問題タイプが外されたのかについて次回のブログ記事で書きます。

 

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。