北米・欧州などでTOEFL本試験が自宅から受験できるようになります。日本は?

2020-03-23

CATEGORIES TOEFLお役立ち情報by.Katsurayama0 Comments

新型コロナウィルスの世界的蔓延が止まりません。

現時点(3/23、18:00)では、3月末または4月初まで中国を初め、ヨーロッパ、中南米の国々でTOEFL試験の受験が延期されています。

 

そのような状況を受け、ETSから自宅でTOEFL本試験が受けられるようになるとの発表がありました。
今から4時間後くらいで(UTC[協定世界時= イギリス時間] 13:00)、指定の国で3/26からの受験が可能になります。

 

» ETS Testing Updates due to COVID-19

 

家で受けるTOEFLは、テストセンターで受ける試験と同じ(identical)とのこと。
受験中、自分のPCを通して試験監督官にモニターされます。

 

今のところ、このTOEFL iBT Special Home Editionが受けられるのは以下の国々・地域に限られています。

 

アメリカ合衆国、カナダ、コロンビア、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、香港、マカオ

(ここに中国は含まれていません)

追記:4/2から日本でも受けられるようになりました

 

TOEFL Home Edition Available Countries

 

 

 

 

 

 

受験における注意点で主なものをいくつか取り上げます。

 

1.Windows PCのみ可能。Macはダメ。デスクトップ、ラップトップはどちらでも。

 

追記4/10:WindowsがインストールされたMacならOKになりました

TOEFL home edition windows mac

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.ヘッドセット・イヤフォンは使えない。PC内蔵または外付けのスピーカーが必要。
3.ヘッドセットについたマイクは使えない。PC内蔵または外付けのマイクが必要。
4.PC内蔵または外付けのカメラが必要。
5.試験中、誰も入ってこない部屋で受験。
6.公園、インターネットカフェ、レストランなどの公共の場所では受けられない。
(個室のネカフェはどうなんでしょう。多分ダメか?)
7.普通の椅子に着席して受験。ベッドやソファなどはダメ。
8.髪の毛などで耳が隠れてはいけない。

 

また試験中のメモ取りに関しては細かい規定があります。

 

紙にメモを取ってはいけない。

 

メモを取るなら、以下のいずれか:
① ホワイトボードとマーカー(Whiteboard with erasable marker)
② 透明のシートで覆われた紙とマーカー(Paper with transparent sheet protector and erasable marker)

 

試験終了後、試験監督官に見えるようにすべてのメモを消す。

 

②は、紙を挟んだ透明なクリアファイルにマーカーで書く感じでしょうか。やってみました。

 

note-taking materials

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホワイトボードにも書いてみたのですが、すごく書きづらいです。
もっと細く書けるマーカーがあると書きやすそう。文字が大きいとメモ取りに時間がかかるので。

 

すでに試験予約が入っている人がSpecial Home Editionを受けるには、リスケの連絡を TOEFL Services にしろとのこと。

 

またこの自宅で受けるTOEFLは、自分のTOEFLアカウントから申し込みをしたあと、ProctorU(試験監督のシステム)からメールが届き、そこでの情報に基づいてProctorUのアカウントで受験日時を決定するという流れになります。

 

上記内容について詳しくは以下からご確認ください。

 

» TOEFL iBT® Special Home Edition

 

このTOEFLのHome Edition、幸いにして日本では受けられません。
これが受けられるようになるときは、Covid-19の感染者が非常に多くなっている状況でしょうから。

 

上記の国では可能な自宅でのTOEFL受験、メモが取りにくいことを除いては、周りの雑音がない環境で使い慣れた自分のPCを使って受けるのは快適かもしれません。

 

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。