YouTubeコメント欄でのご相談に対しては …

2020-03-13

CATEGORIES YouTube, 学習法 質疑応答by.Katsurayama0 Comments

※ 今回のブログ記事はTOEFLスコアアップやTOEFL試験に関してではなく、TOEFLに関わる私のスタンスについて書いたものです。

 

YouTubeのコメント欄で以下のご質問をいただきましたが、

 

高校英語における語彙力にすら自信がない人は、まずはひたすら単語を勉強するべきですよね?
あと、このくらいの英語力の人がtoeflから英語学習し始めるのは非効率ですか?(1年で85くらいを目指してるのですが)

 

「YouTubeのコメント欄での学習相談や学習法に関してのご質問には回答しない」

 

とさせていただいています。

(以下の1回目のYouTube動画の最後でお伝えしています)

 

 

動画の中では「『なぜそこで学習相談や学習法の質問に対して回答をしないか』は後に動画の中で説明する予定です。」と言ったのですが、今回のブログ記事で「回答しない」理由を伝えることにします。

 

理由1:質問いただいた方の状況把握が難しい

 

高校英語における語彙力にすら自信がない人は、まずはひたすら単語を勉強するべきですよね? 
あと、このくらいの英語力の人がtoeflから英語学習し始めるのは非効率ですか?(1年で85くらいを目指してるのですが)

 

というご質問の場合、

 

「高校英語における語彙力にすら自信がない」がどのくらいの英語力を意味するなのか私には全く分かりません。例えば、英検3級レベルなのか、準2級レベルなのか、2級レベルなのかで全く状況は変わります。
英検2級を取っている人でも「高校英語における語彙」に自信のない人もいると思います。自信があるかどうかは個人の感覚に委ねられるので。
また「語彙力に自信がない」人でも、語彙力以外の英語力がどのようであるか分かりません。中には単語に自信はなくても、小さい頃に英語圏の国に数年滞在していたり、または長らく英会話を続けている人もいたりしますし。

 

ただ一般論として、英語力が高くない人が大幅にスコアアップしなければならない場合、「ひたすら単語を勉強する」のはお勧めしません。
それは、レスリングを強くなりたい人が「ひたすら筋トレをする」のに近いと考えます。
レスリングで勝つには筋力は非常に大切です。
しかし、筋トレだけで勝てるわけではありません。
そのような内容を過去に書いていますので、是非以下を一読ください。

 

» 失敗しやすいTOEFL対策 その1「 一部のスキルのみ伸ばそうとしている」

 

あと、このくらいの英語力の人がtoeflから英語学習し始めるのは非効率ですか?(1年で85くらいを目指してるのですが)

 

TOEFL対策を始めるべきか考えている方には、TOEFL本試験や模試を受けることをお勧めします。
本試験だと25,000円くらいかかってしまいますが、模試(以下のTPO31)なら3000円ほどで受けられます。

 

»  8月から始まる新形式のTOEFL試験、もう受けられます。公式模試ですが。

 

自分の英語力に自信がなくても、まず本試験か模試を受けて、TOEFLにおける自分の実力を確認しましょう。
自分の位置を知ることにより目標スコアまでどのくらいの差があるか分かりますし、またその後のTOEFL対策がより有効になります。

 

あと過去に、おそらくTOEFLでは低いスコアからのスタートで、そこから高得点を取るには、TOEFL対策をずっと続けたほうがいいのか、それとも別の試験対策などで英語力を伸ばしてからTOEFL対策に移ったほうがいいかについて書いています。長い記事ですが、参考になれば。

 

»  【再掲載】「現在TOEIC 500くらい。TOEFL 100以上を獲得し、2年後のMBA留学を目指す。」に対して受講生の方からご意見をいただきました(3)

 

理由2:効果的なアドバイスをするのが難しい

 

コメント欄での短い大まかな質問に対して、私が大まかにアドバイスしても、それが効果的なものになるとは思えません。
上のリンク先の記事はどれもそれなりに長いものになっています。

私は英語教授法の専門家として20年ほどTOEFL対策に関わっており、アドバイスをするなら成果が見込める可能性が高いものにしたいと考えています。

 

ということでYouTubeの「コメント欄」では、学習相談や学習法の質問に対して回答はしません。
しかし、上記内容のようにブログ記事の中で回答するかもしれないことをご理解ください。

 

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。