「独学で1年間、1日平均2時間くらいTOEFL対策を継続したがスコアがほとんど伸びなかった」を分析します。その1

2019-07-24

数日前からオンラインTOEFL対策コースの受講を開始された受講生の方(便宜上、Eさんとします。以前に取り上げた受講生の方をDさんとしたので、順番で)から

 

「独学で1年間、1日平均2時間ほど学習を継続したが、TOEFLスコアがほとんど伸びなかった」

 

という内容の、以下のご報告をいただきました。
(ご本人に了承をいただいた上で、掲載しています)

また、メール本文の内容に対しての追加説明もいただいています。

 

今回の「その1」では、Eさんが「1年間、1日平均2時間もの取り組みを行ったにも関わらず、スコアがほとんど伸びなかった」ご相談内容の紹介のみ。
次回の「その2」以降で分析しますが、是非、皆さん自身で伸びなかった理由を考えてください。
そこでの考察が自分の学習方法の改善に役立つかもしれません。

 

では、以下を一読ください。

 

———————————————————————————————————–

 

はじめまして。
先日からコースをはじめさせていただいたEです。
アメリカの大学院進学のために90以上のスコアが必要です。
2年後の留学を目標にしているので来年春ぐらいまでにはクリアしたいです。
今までのTOEFL受験歴です。

 

2018/12/25  43 R12 L11 S9 W11
2019/2/23  59 R19 L18 S11 W11
2019/4/13  51 R17 L12 S12 W10
2019/6/29  49 R15 L13 S10 W11

 

みていただいた通りほとんど伸びがありません。
英語自体は10年程前の大学受験以降全く触れてきませんでした。そのときはセンター試験で9割くらいでしたが苦手科目というイメージがありました。
TOEFLの勉強は1年前からはじめて勉強時間は平均すると1日2時間くらいです。*1
最初の4ヶ月くらいは大学受験向けの単語帳とリスニング教材を使っていました。*2
その後はOfficial GuideのReadingとListeningを3週くらい繰り返し、市販のTOEFL Reading教材を2冊くらいやりました。*3
平行して単語は通勤中に見続けていました。*4
SpeakingとWritingは直前にテンプレートを暗記するぐらいで特に勉強はしてきませんでした。*5

なかなかスコアが伸びず、独学の限界を感じてコースをはじめさせていてだきました。よろしくお願いいたします。

 

*1.最初の半年は週に1日2日やらないことがありましたがだいたい1日1~2時間やってました。
初受験以降は同じような感じで2~3時間やってました。

 

*2.最初にOfficial Guideを少しやったのですが、まったく読めなかったので大学入試の復習からと思ってはじめました。
教材は◯◯と単語帳はなくなってしまったので名前がわからないのですが、センター試験から超難関大までそれぞれランクが分かれているものでした。
リスニングは問題をといて音読してすらすらシャドーイングできるぐらいまでやりました。単語帳通勤時(片道15分くらい)目を通すような感じでした。

 

*3.Official Guideへの初めての取り組みは、TOEFL対策を始めた頃にやってみたのですが、Readingはほとんどの単語がわからず、Listeningは聞き取るまえにスクリプトがまったく読めなかったので1回分もやらずあきらめました。
ちゃんとはじめたのは初回の受験後です。
1回目は試験のようにやらずReadingもListeningも辞書で単語などを調べながら読んで解いていきました。自分なりにはすらすら読めて、聞いていてしっかりわかるところまで何回も読んで聞きました。
2回目は1回目の後に別の教材を1個はさみ、行いました。時間は計らなかったのですがだいたい6割くらいの正解率でした。
3回目はまた別の教材をはさみ、行いました。この時も時間は計っていないですが内容を覚えていたのもあり2, 3問間違う程度でした。

 

*4.単語帳は使いませんでした。Reading, Listeningでわからない単語は全部辞書で調べてそれを単語カードに書いてました。100枚くらいの束でリングでまとめており、表の英語をみて意味を考え裏の日本語で確認するということをしていました。だいたい10日くらいで次の束ができたら新しいものに交換するといったようにすすめていきました。交換するときには8割くらいはスラスラ意味が出てきて、2割くらいは裏見たらそんなのあったなと感じる程度でした。重複する単語も結構あるのですが1000枚ちょっとぐらいあります。

 

*5.テンプレートはいろいろなネットや教材からとりましたがしっかり暗記はしておらず雰囲気を覚えてるだけでした。
Speakingの試験中は単語をつぶやくだけでほとんどの時間はアーとかンーといってるだけでした。
writingも指定された語数には毎回まったく届かずに終わってました。

 

———————————————————————————————————–

 

 

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。