「TOEFL ◯点が目標、どのコースを受講したらいいでしょうか?本試験は未受験です」に答えます

2019-04-11

CATEGORIES トフレからお知らせby.Katsurayama0 Comments

たまに

 

「100点(90点、80点など)が目標なのですが、どのコースを受講したらいいでしょうか。本試験は受験したことがありません」

 

というお問い合わせをいただくことがあります。
今後、同様のご質問をいただいたとき、このブログ記事のリンクを伝えればよいよう、ここに回答を書きたいと思います。

 

このようなご質問に対しては、この方が現時点でTOEFL本試験を受験したら何点くらい取れるかが分からないため、どのコースを受講すべきかはお伝えできないというのが正直なところ。

 

(TOEICのスコアから予測されるTOEFLスコアについては以下のリンク先をご確認ください)

 

TOEIC何点だとTOEFLで何点取れる?

TOEIC何点だとTOEFLで何点取れる?(続き)

 

しかしながら大幅なスコアアップが求められるようであるなら、一般的には、Listening Delta 18Dayコースからの受講をお勧めしています。

 

Listeningコースの受講からお勧めすることが多いのは、主には

 

TOEFL iBT Listeningセクションは問題の難易度が高く、Listeningスコアアップに時間がかかる方が多い
話の内容、使われている単語のレベルはReadingセクションより易しく、Listening対策がReading対策の準備になる
Speakingセクションでの6つの問題のうち4つで、Writingセクションの2つの問題のうち1つでListening力が求められる

 

から。

 

とはいえ、できればTOEFL対策を開始する前に、またはTOEFL対策を始めたばかりの頃に、本試験か公式模擬試験を受験し、TOEFLにおける自分の実力を確認した方がいいでしょう。

 

本試験や模試によりTOEFLにおける自分の英語力を確認すると「実際の試験の内容・難易度」だけでなく、「目標スコアまでの差」「セクション別の得意不得意」が分かり、その後の対策をより効果的にできます。

 

また、その後どのような対策を行っていくべきか、どのコースを受講された方がよいかが明確になります。

 

私たちのオンラインTOEFL対策コースは、授業内容の一部を無料体験することができます。
特に、上記のListeningコースは1回分のクラスすべてを受けられますので、以下から無料体験登録の上、コース内容をご確認ください。

 

無料体験授業

 

また以下、目標スコア獲得のためのスコア戦略に関する一連のブログ記事なります。
是非、参考にしてください。

 

ブログカテゴリー: 109点を目指す

ブログカテゴリー: 105点を目指す

ブログカテゴリー: 100点を目指す

ブログカテゴリー: 90点を目指す

ブログカテゴリー: 80点を目指す

ブログカテゴリー: 60点を目指す

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。