OGへの取り組みは十分ですか?

2009-12-09

TOEFL対策には、唯一の公式ガイド

The Official Guide to the TOEFL Test 3rd Edition


が欠かせません。


OGなら、もうやったよ」


という方、以下の単語の意味が分かりますか?

すべてOfficial GuideReadingListeningの問題から取ったものです。


gill
ridge

deterioration
manipulation

distort
vent

apprentice
spearhead

protrude
privilege

languish
despondent

concur
disgust

terrain
relic

plateau
fragment

jot down
for its own sake

manifestation
equivalent

tantalizingly 
validity

asteroid
degrade

zinc
proof

antibiotic
gene

aquifer
deplete

discharge
virtuous

appetite
moderation

fertilizer
germinate

shoot
seedling


問題の中の難しめの単語、しかし
TOEFLで高得点を取るためには知っておきたいものをピックアップしました。


「やったのは
2nd Editionだから3rdで追加された問題は分からない」


と思った方、実は
3rdで追加された本試験1セット分の問題は今回の選択の範囲に含めていません。

すべて2ndReadingListening問題に入っているものです。


「すでに
Official Guideに取り組み済みだが、上記の単語の意味の多くが分からなかった」という方は改めて取り組み直す価値があります。


「完璧でなければダメ」ということではありません。


しかし「
OGはもうやったから」ということなら、80%くらいは答えられる必要があります。


上記の単語なら
90%以上答えられてこそ、OGはもうOKと言えます。


ウェブトフルでは、
ListeningReadingともにDelta 18 Dayコースが終了した方のみ、Official Guideコースを取ることができます。


ウェブトフルの
ListeningReadingコースの構成としては、


Delta 18 Day
コース:

ListeningReadingの基盤としての実力を上げながら、解法を習得する。


Official Guide 8 Day
演習コース:

更なる実力の向上に加え、本試験レベルの問題を通して解法に磨きをかけ、確実なものとする。


という流れになっています。


大学入試において、志望大学の過去問での学習が効果的なように、
TOEFLにおいても実力を高めた後でのOGへの取り組みが有効です。


コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。