【定期再掲】メールでの学習相談・問題への質問、ご遠慮なく

2019-08-31

CATEGORIES トフレからお知らせ, 自己紹介by.Katsurayama32 Comments

以下、過去記事を再掲載したものです。
メールでの学習相談は「受講生の方」を対象としています。

 

トフレでは受講生の方に対するメールでの学習相談を「無料」で行っています。
目標スコア獲得まで何十回とメールをやり取りをする方も少なくありません。
それだけの手間ひまがかかることを、なぜ無料で行っているのか?

 

難易度が高く、学習期間が長期化しやすいTOEFL試験対策において、そのときどきにおける学習アドバイスは極めて重要と考えるからです。

 

Webコースの授業の中で、どのように学習を進めるべきかはお伝えしています。
よって特に相談せずとも、コースを受講し着実にスコアを向上させ、目標スコアを獲得される方々も多くいらっしゃいます。

 

「受講生スコアアップ報告」をいただいく方々の約半数はこのような人たち。
それまで特にメールのやり取りをしていなかったがコース受講を通して目標スコアを獲得し、お知らせいただいたご報告をそのままブログに掲載させていただくことになった、というように。

 

一方、定期的にスコアと学習進捗の報告をいただきながらTOEFL対策を進めている方々も多く、私のところにはそのようなメールが毎日いくつも届きます。
人によってそれぞれ特殊な状況があり、そこを踏まえて何を優先して取り組むべきか判断したり、授業で紹介している様々な学習法の中でその方にとってより有効であろうと思われるものをお伝えすることで、学習が更に効果的になります。

 

学習相談を有料にしたら、相談をためらってしまう人が増える。
結果、学習の効果が低くなる。

私たちはこのような状況を望みません。

 

私たちのコース・サービスは、スコアアップ達成への効率・効果を追求しています。

 

簡単に返答可能なメールには早めに返信しています。
しかし、過去のやり取りを振り返って回答する必要があったり、ご相談内容が長い場合は、まとまった時間が取れるときにメールを書くことになるので、返答に2-3日かかるかもしれないことをご理解ください。

 

トフレのコースを受講される方々は、数ヶ月内に目標スコアを獲得したい、または大幅にスコアアップを達成したいという方がほとんど。
数ヶ月で結果を出すには、これからの1ヶ月間どれだけ効果的取り組めるかがカギとなります。
相談しようか迷っている方は、ご遠慮なくメールを下さい。

 

今はやるべきことが定まっているという方は当然相談をされる必要はありません。
やるべきことをやることに集中しましょう。
そしてどうしたらよいか迷ってしまう状況になったときに、ご相談ください。

 

コメント
  1. Ayu より:

    葛山先生

    こんにちは。
    「あと1点たりない!」と悩んでいたところ、葛山先生のblogを紹介され、やってきたものです。素晴らしいエントリーがたくさんで、感動しております。

    リスコアの申請についてご相談があります。

    4月までにTotal80点以上が必要(大学編入の出願のため)です。
    79点以下だと全て価値はないので、リスコアの結果下がっても差し支えはありませんが、スコアがあがる確率の高いリスコア申請をしたいと考えております。

    今までうけたTOEFL(全2回)のスコアは以下の通りです。

    >Feb.04.2018(Total:79)
    R 26
    L 15
    S 19 (Fair/Fair/Limited)
    W 19 (Limited/Fair)

    >Nov.25.2017(Total:59)
    R 13
    L 15
    S 17 (Limited/Limited/Fair)
    W 14 (Limited/Fair)

    SpeakingとWritingのどちらを、あるいは両方をリスコア申請すべきか、ご助言いただけないでしょうか。
    よろしくお願いいたします。

  2. Katsurayama より:

    Ayuさん

    > SpeakingとWritingのどちらを、あるいは両方をリスコア申請すべきか、ご助言いただけないでしょうか。

    正直なところ、分かりません。
    例えば「今回のSpeakingが過去の受験と比べ、スコアが低い」ということなら、採点官が変わればスコアが上がるかもしれないと考えることもできますが、SWともに前の受験と比べ上がっていますし。
    また「今回のスコアは試験でのパフォーマンスの感覚と比べ低い」ということなら、リスコアすればアップする可能性も高いかもしれませんが、そのような判断ができるだけの受験経験がAyuさんにはありません。

    ただ、WritingはSpeakingに比べ、スコアが変わる可能性が低いとは言えます。
    (スコアの見直しにおいても、採点官の片方はe-raterのままであり、e-raterのスコアは変わらないので。)

    費用(160米ドル)を一切考えないとすれば、一番のお勧めはSW両方でしょうか。
    しかし判断のもととなる過去の受験経験が少ないので、私の感覚的には「変わらない」60%、「上がる」20%、「下がる」20%という感じです。

    リスコアの結果がでるまで3週間かかるかもしれない(もっと早いこともありますが)ので、リスコアを申請するにしても、4月まで再度の受験のためにTOEFL対策に励むことが何よりも大切であると考えます。
    (2/4の結果から判断すると、対策の優先順位が高いのはL、次にWでしょうか。Rはその前と比べ伸び幅が極めて大きいので、次回の受験では下がる可能性も考慮しておいたほうがよいでしょう。)

    Katsurayama

  3. Aoi より:

    葛山先生

    初めまして。これまで何度もBlogを拝見させて頂きました。

    現在、米国NYのTOEFLスクールでインターンをしています。こちらのTOEFL担当の先生方の情報が衝撃的だったので、伝えたくてコメントさせて頂きました。

    先生の友人が複数名Human raterをしていて、「Writingはe-raterではなくHuman2人が採点している。Speakingも1問を(1人ではなく)2人が採点している。」と言うのです(リスコアではありません)。E-raterはplagiarism判定のような形で、受験者の中で同じようなエッセイがないか(ネットで流出している表現の使用)の判定とTPOに用いているだけだと。

    この情報はあくまで今日聞いたもので、真偽は全く定かではないのですが(そもそも、そのrater達が勘違いしている可能性もあるので)、複数のhuman raterがそう言うなら。。。とも思いました。私はETSのサイトを見せたのですが、「違うわよ。」と言われてしましました。

    近いうちにRaterの方々と懇親会があるかもしれないので(催促中)、何か目から鱗の情報があればお伝えさせて頂きたいと思います。

  4. Katsurayama より:

    Aoiさん

    非常に興味深い情報の提供、ありがとうございます。

    > 先生の友人が複数名Human raterをしていて、「Writingはe-raterではなくHuman2人が採点している。

    Writingで2人の人間が採点しているというのは間違いありません。
    Integrated、Independentそれぞれ1人、計2人のことを言っているのであれば。

    ただ「e-raterが使われいない」というのは正しくないはず。
    Writingでそれぞれのタスクに対する片方の採点官としてのe-raterの使用はETSが公表していることなので。

    https://www.tofure.com/blog/?p=7289

    またこちらでもETSのWriting責任者に直接確認をしています。

    https://www.tofure.com/blog/?p=15148

    > Speakingも1問を(1人ではなく)2人が採点している。」と言うのです(リスコアではありません)。

    これも公表されていることと異なりますし、ETSとしては増やすメリットがありません。
    (受験者にとっては多くの人にチェックしてもらうのはいいのでしょうが)
    また1つのタスクに対して2人の採点官がスコアをつけると、Speakingの換算方法が変わってしまいます。

    https://www.tofure.com/blog/wp-content/uploads/2013/04/Converting_Rubric.pdf

    こちらの換算表は今は公表されていないものの(Writingの換算方式が変わってしまったため)、Speakingにおける換算はスコアの出方から判断して、最初から何も変わっていないと考えています。
    (例えば、Speakingには21点や25点はない。これは当初から変わらず)

    > E-raterはplagiarism判定のような形で、受験者の中で同じようなエッセイがないか(ネットで流出している表現の使用)の判定とTPOに用いているだけだと。

    ここに関しては技術的に可能でしょうし、そのように使われる部分があったとしても当然と考えます。

    今後、新たな情報がありましたら、是非お知らせください。
    それが正しくないものであっても、「raterがそのように考えている」ということから分かることもあるかもしれないので。

    私たちの方でも、ETS職員と話す機会があるときに確認することにします。

    Katsurayama

  5. Aoi より:

    葛山先生、こんにちは。

    先日raterの話を伝えたのですが、ようやく謎が解けましたので伝えさせてください。
    実はそのHuman rater達は10年以上raterをやっているため、新しい情報(といっても古いと思うのですが)に全く追いついていなかったのです。。。
    アメリカ的な「そんな変更ETSから聞いて無いわよ」というまたも強気発言いただきました(笑)あくまで採点者として、「採点」しているだけで、採点方法の細部に気を向ける必要はないんだなと感じました。(彼らは自分が受け取ったデータを黙々と採点するのが仕事なので、もう1人が人間だろうが機械だろうが、関係ないのでしょうね。)

    一つ私の発見は、NYでHuman Rataersをしている人は、圧倒的にNNE(non-native English speakers)が多いということです(ちなみに今回自信たっぷりに間違えたのはトルコ人とブラジル人)。
    ネイティブゆえに聞き取れてしまうということがなく、訓練を受け純粋にrubricに基づいて採点するということでしょうね。

    というわけで、丁寧な返信まで頂いたのに、かえって混乱させて本当にすみませんでした。私は正規の生徒ではないのにお時間を使って頂きありがとうございました。当初、衝撃過ぎたのでつい連絡をしてしまいましたが、蓋を開ければといった展開でした。
    また、新しい発見がありましたら情報提供させて頂きます。

  6. rei より:

    いつもブログを拝見させて頂いております。
    toefl80点が留学に必要で, 前回受験したところ, 76点(R20,L19,S17,W20),今回79点(R26,L24,S17,W12)でした。書類の提出期限が近く再受験することは出来ないのですが,
    Writingの点数が大幅に下がったことに納得出来ず, rescoreを申請中です。評価の内訳としては, Integrated Task がFair, IndependentがLimitedでした。Independentでは語数は300を超えていましたが, 少し論理を欠いたかなという印象はありました。 そのような場合にLimitedとなってしまうことはあり得るのでしょうか。
    もしお時間がありましたら, ご返信いただけたら幸いです。

  7. Katsurayama より:

    Aoiさん

    確認いただき、ありがとうございます。

    非常に興味深い内容です。
    ETSが長らく採点を行っている人たちに変更点を伝えたかどうかは分かりませんが、人間の採点官にとっては同じエッセイを採点するもう片方が人間であろうと、プログラムであろうとも、やるべきことは全く変わりませんからね。

    ノンネイティブの人たちが採点を行っているということも知っています。
    でもNYではノンネイティブの方が多いのですね。
    ただ「全体の中で」ノンネイティブの方が多いのか。非常に面白いお話です。
    採点官は英語力が高ければノンネイティブでもまったく問題ないとも考えますが。

    今回ご報告いただいたことはどれも非常に興味深く、また何かありましたら、是非ともお知らせください。

    Katsurayama

  8. Katsurayama より:

    reiさん

    スコアの見直しによりWritingのスコアが1点でも上がれば80点になりますし、私もリスコアした方がいいと考えます。
    IntegratedがFair、IndependentがLimitedで12点ということですが、昔の換算表に基づくと12点の場合、評価点の平均が1.75。
    Fairの評価点平均は2.5-3.5、Limitedの評価点平均は1.0-2.0。
    Integrated、Independentの平均が1.75になるためには、例えば Integratedの平均2.5(2と3)、Independent(1と1)にならなければなりません。

    Independentが1.0平均のLimitedになるとは考えにくいですね。
    もしかしたら以下のような理由が考えられるのかもしれませんが。

    https://www.tofure.com/blog/?p=13424

    他のスコアをお知らせいただいていないのではっきりとは言えませんが、採点における何かしらのミスの可能性もあると思われます。
    リスコアの結果が出ましたら、是非お知らせください。

    Katsurayama

  9. れお より:

    いつも拝見させていただいてます。
    英文を読む時に、品詞分解する必要はないと書かれていらっしゃったのですが、いちいち確認はしなくても、ここは述語、ここは動詞、など考えてはだめなんですか?分かりにくい質問ですいません。

  10. Katsurayama より:

    れおさん

    近々ブログ記事でご質問に回答します。

    Katsurayama

  11. げのむ より:

    いつも拝見させて頂いております。
    toefl80点が留学に必要です。
    数か月前の受験では、 74点(R20,L15,S19,W20),次に同じく74点(R17,L19,S17,W20),そして今回73点(R19,L17,S17,W21)でした今までは毎回1,2週間しか対策できていませんでした。どれを(rlsw)重点的にやれば効率よく80点を超えられるでしょうか。来月中に80点をとらなければいけません。来月再受験する予定ですが、どれくらい準備期間が必要ですか。スコア通知が10日後の為、できるだけ早く受けたいと考えています。

  12. Katsurayama より:

    げのむさん

    いただいたご質問へはブログ記事の方で回答します。

    Katsurayama

  13. Izumi より:

    現在MBAを受験すべくTOEFLの勉強を進めているものです。
    2018年5月26日TOEFLを初めて受験し、R:15、L:20、S:17、W:17でTota;69でした。
    正直パソコンの画面で受講したことと、周りが突然話し出すことに面食らってしまって、ほとんど能力を発揮できなかった印象はありますが、2018年8月最初のTOEFLで90点を取得したく、勉強を進めておりますが、何から手をつけっていけばよいかわかりません。
    web TOEFLの受講を考えておりますが、何の受講をしたらよいでしょうか。

    【背景】
    TOEFL 3800の1,2,3は一度は終了。2まではほぼ入っていると思う。
    3年前くらいに受験したTOEICは855点
    Versant会社の英語試験は50点、
    日常業務上比較的英語は使用する(論文や手順書の読み込み等)

  14. Katsurayama より:

    Izumiさん

    近々ブログ記事で回答します。

    Katsurayama

  15. eigom より:

    こんにちは
    いつもブログ参考にさせていただいております。

    ETSのミスで7/7の受験ができないとプロメトリック社から電話がありました。
    このようなことはよくあるのでしょうか?
    振込も完了し、mypageにも試験登録がしてあります。
    7/7の試験会場は自宅近辺は全てうまっており、全額返金の交渉か、試験の日付を変えるしか選択肢はないそうです。7/7に受けたかったのですが…

    このようなことはよく起こることなのか、プロメトリックさんによる交渉以外で私ができることはあるのか、2点教えていただけると幸いです。

  16. Katsurayama より:

    eigomさん

    ブログ記事で回答します。

    Katsurayama

  17. Masa より:

    いつもブログを拝見させてもらっています。
    先日Toefl iBTの結果を受け取ったのですが
    WritingのTask1,2の両方の項目がFairだったのにもかかわらず16点でした。
    このようなことはあり得るのですか?

  18. Katsurayama より:

    Masaさん

    近々、ブログ記事で回答します。

    Katsurayama

  19. kaito より:

    葛山先生。いつも拝見させていただいております。
    リスコアに関して個人的に悩んでおり相談致しました。
    留学のためにTOEFLを受けておりまして、79点ないし80点あると留学先の候補が広がるという状況です。
    最高点を取った回のスピーキングないしライティングのリスコアを申請しようか悩んでいます。順にスコアをのせていくのでアドバイスをくださると幸いです。
    (R,L,S(各項目の評価),W(評価), 合計点)
    (17,20,15(L,L,F),13(L,L), 65)
    (20,15,13(L,L,L),13(L,L), 61)
    (23,16,15(L,L,L),18(L,F), 72)
    (23,21,15(L,L,L),16(L,F), 75)
    (24,17,14(L,L,L),22(F,F), 77)←この回のSないしWをリスコアしてなんとか二点伸ばせないこという状況です。

    不躾なお願いですが、日数が迫っているので早急な回答をしてくださると幸いです。

    何卒よろしくお願いいたします。

  20. Katsurayama より:

    kaitoさん

    ご相談をいただいていたことに今気づきました。
    本日、後ほど、ブログ上で回答します。

    Katsurayama

  21. takuya より:

    葛山先生。いつも拝見させていただいております。
    リスコアに関してご相談したいことがあります。

    直近3回のWritingでは
    16点(L,G)
    21点(F,G)
    22点(F,G)
    という結果なのですが、今回の結果が
    12点(F,L)
    という結果が出ました。
    おそらくintegrateの出来から内訳が
    (integrate 2.5/2.5 independent 1/1)
    という予想をすること出来ます。
    しかし、今回もindependentは400字程度書き、スペルチェックも行ったので、Limited(1,1)という結果に納得することが出来ていません。

    リスコアを申請したいと思っているのですが、
    ETS側のミスで採点されていないなどの事はあり得るのでしょうか。

    何卒よろしくお願いします。

  22. Katsurayama より:

    takuyaさん

    いただいたご相談へはブログ記事で回答しました。

    https://www.tofure.com/blog/?p=18832

    Katsurayama

  23. ◯◯ より:

    TOEFLを受験して半年経つのですが、一向にスコアが伸びません。特にReadingとListeningに関しては過去5回全て一桁台で中々上がってくれません。単語帳は3800を使用していてstep3まではほぼ完璧といったところです。精読が足りないのでしょうか。Listeningも同様で,
    lectureの述べていることはわかるのに中々正解することができない状況です。8月末までに100越えを目指しているのですが、どうにかなるでしょうか。お返事お待ちしてます。

  24. Katsurayama より:

    ◯◯さん

    受講生の方ではありませんし、お知らせいただいた情報だけでは状況がほぼ全く分からず、何とも言えません。
    以下に回答いただけますでしょうか。

    1.過去のスコアすべて(受験日も含む)をお知らせください。

    2.それぞれのセクションに対していつから、どのように対策をされてきましたか。

    3.「lectureの述べていることはわかるのに中々正解することができない」とはどのような状況でしょうか。
    「レクチャーのスクリプトを読めば理解できるが正解できない」ということでしょうか、それとも「レクチャーの話の内容は理解できていると思うのだが、正解できない」ということでしょうか。
    いずれにしろ正解できない理由は何であるとご自身は分析されていますか。

    4.英検やTOEICなどご自身の英語力を示す級やスコアがあればお知らせください。

    5.TOEFL対策を開始されてから今まで、1週間あたりだと何時間くらい取り組まれていますか。
    (平日何時間、週末何時間、合計何時間など)
    またこれまで費やした学習時間に対する4セクションの比率を教えてください。

    まずは上記へのご回答、お願いします。

    Katsurayama

  25. ◯◯ より:

    大変申し訳ございませんでした。過去5回受験して、
    1回目:R6 L8 S13 W10  合計37(2018年11月)
    2回目:R12 L11 S14 W11 合計48(2019年2月)
    3回目:R6 L9 S18 W14 合計47 (2019年3月)
    4回目:R9 L8 S16 W16 合計49 (2019年5月)です。

    去年(2018年)夏から◯◯でTOEFLの対策をしています。Rの授業は各自で予習をし、授業で解説を行い、各自で復習する形です。Lの授業は先生がテキストのスクリプトを流しそれを解き、スクリプトにある難単語など解説する形式です。Sの授業は、2人1ペアになって6section全て交互に話し合う方式で、各セクション2、3人が全員の前で発表し、先生が添削する形式です。Wの授業はIntegratedはRのThesisとMain IdeaとSupporting detailsをペアワークでまとめ黒板に書いて意見交換する形です。Lも同様に Thesis,MI,SDをペアワークでまとめ、最終的に20分時間を計って書きます。添削はネイティブの先生が0−5.0の評価で採点してくれます。Independentも同様です。

    リスニングの件ですが、スクリプトを見れば理解できるけど、政界にたどり着かないということです。正解できない理由は、まとめることができていない事だと思います。今の自分の受け方だと、lectureがいったことを箇条書きで書き出し、Mainv point ぽいところに強調させる印を書く、それしかしていないからだと思います。

    英検は2級を高一の時に取得しそれからは受験していません。TOEICは一度も受験したこたありません。

    勉強時間は、平日は授業があるので授業が一コマ100分×週5、プラス自習でR・L の演習、SのIndependent part(1&2)の練習が週1、Independentを一日一回書いています。

  26. Katsurayama より:

    ◯◯さん

    状況をより理解するために以下に回答いただけますでしょうか。
    (TOEFL対策の学校名は匿名にしています)

    1. 昨年夏からだと10ヶ月ほどとなりますが、その間ずっと4セクションの対策を行っているのでしょうか。
    それとも、ある時期はReading、ある時期はListeningと期間が限定されていますか。
    TOEFL対策の学校のクラスは今後も続いてくのでしょうか。
    そちらではスコアの伸び悩みに対してどのようなアドバイスを受けていますか。

    2.> Rの授業は各自で予習をし、授業で解説を行い、各自で復習する形です。Lの授業は先生がテキストのスクリプトを流しそれを解き、スクリプトにある難単語など解説する形式

    この形式だと「毎週、Reading、Listening問題を1題ずつ進める」ということでしょうか。
    Reading、Listeningでは毎月、そしてこれまでどのくらいの問題量に取り組まれていましたか。

    3.> 英検は2級を高一の時に取得しそれからは受験していません。

    こちらは何年前のことですか。

    4.> 勉強時間は、平日は授業があるので授業が一コマ100分×週5

    こちらは現在通われている学校(大学?)の英語の授業のことですね。
    TOEFL対策のクラスではなく。

    5. > プラス自習でR・L の演習

    この自習にはTOEFL対策の学校の予習・復習が含まれますか。
    それとも別に問題集に取り組まれていますか。

    自習には毎日(または1週間あたり)何時間ほど費やされていますか。

    6.> Independentを一日一回書いています。

    これまで何本Independent Wのエッセイを書きましたか。
    書いたエッセイに対して添削を受けていますか。
    添削で評価点(5, 4, 3, 2, 1)をつけてもらっている場合は、どのような評価点を取ることが多いですか。

    以上、回答、お願いいたします。

    Katsurayama

  27. mim より:

    葛山先生、こんにちは。よく拝見させていただいております。
    大学2回生です。交換留学のために9月までに72点を取りたい状況なのですが、前回よりも点数が下がりどのように対策をすればいいのかわかりません。
    2019年3月9日 R10 L16 S14 W14 T54
    2019年5月19日 R2 L11 S14 W16 T43
    リーディングがすごく苦手です。制限時間に間に合わないことが多いです。しかし、5月に受けたテストはかなり自信があったのですが2点…。web toeflを申し込もうと考えています。やはり数がモノをいうのでしょうか。
    英検2級を高校2年生の時に取得し、toeicは2019年1月に525点でした。

  28. Katsurayama より:

    minさん

    本日、ブログ記事内で回答します。

    Katsurayama

  29. M より:

    葛山先生、こんにちは。
    日頃よりブログを読ませていただいております。

    私は現在編入試験のためにTOEFLを何度か受験しており、すでにスコアレポートも何枚か届いています。しかし、なるべく高得点のものを提出したいので、8月10日の試験を申し込もうかと思っています。出願は9月25日にしようと思っています。
    そこで、ご相談したいのですが、先生の経験上スコアレポート到着が間に合う可能性は比較的高いと言えそうですか?僕の経験では3回受験し、3回とも1ヶ月以内に自宅にスコアレポートが届いたのですが、やはり3回だけで判断は困難でありましたので、先生にご相談させていただきたく、ご連絡させていただきました。
    少しでもチャンスがあれば、挑戦したいのでご意見お願いします。

  30. Katsurayama より:

    Mさん

    スコアレポートが届くまでどのくらいかかるかは私からは何とも言えません。
    以下、ETSが公式に郵送でのレポートの到着に関して発表していることです。
    1ヶ月以内に返ってくる可能性は高いとは思いますが、当てにはしない方がいいでしょう。

    https://www.cieej.or.jp/toefl/toefl/official_score_report.html

    Mさんは、郵送でのスコアレポートが必要なのでしょうか。
    ETSから直接レポートを送ってもらう形なら、試験日から2週間後くらいで届きますが。

    Katsurayama

  31. M より:

    葛山先生。

    はい、私は日本の大学を受験するので、大学に直接スコアレポートを提出するのではなく、自宅に届いたものを大学側に提出することになります。

    2週間後に届くというのは大学へ直接レポートを送付する場合ということでよろしいでしょうか?本当はそうしたいのですが、それが認められていません。

    1ヶ月以内に返却されることを祈り、10日に受験しようと思います。

  32. Katsurayama より:

    Mさん

    昨日テストセンターの職員の方にも確認したのですが、郵送は「4-6週間」との回答でした。
    しかし、4週間かからずに届くこともよくあります。
    とはいえ、これは郵便事情によるので、何とも言えません。

    Katsurayama

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。