【改訂版】トフレ!の「しないこと」その2 – 電話での対応をしない

2019-10-05

CATEGORIES トフレ(WebTOEFL)のしないことby.Katsurayama0 Comments

以下、以前に「ウェブトフルのしないこと その2」として書いたものを改訂した内容です。
最近、「電話での問い合わせ」の依頼を複数いただいたので、改めてこちらにまとめることにします。

 

今回は「トフレ!(旧 Web TOEFL)のしないこと」その2。

 

「電話での対応をしない」


トフレのサイトには、会社の電話番号が表示されていません。

 

お問い合わせ、ご質問、ご相談、すべてメールで対応させていただいています。

 

電話でお話した方が情報交換が早いことがあるのは分かっています。
しかしメールならお互いのやりとりがすべて記録されるので、その方の進捗や私からの過去のアドバイス等を踏まえて回答が可能。
(以前にメールのやり取りがある場合は、必ず過去の内容に目を通してから回答しています。)
また、私たちは電話に中断されることなく、サポートやコンテンツの開発に集中できます。

 

受講生の方にとっては、私やSpeakingコース担当の五十峰先生からのアドバイスの内容を忘れてしまったとしても、過去のメール内容を読むことによって改めて自らの学習を振り返ることができます。

 

学習法・解法はそれぞれのセクションのコース内でお伝えしていますが、スコアの変化や、現時点でどのセクションにより時間をかけて取り組むべきかなどのご相談に応えることは、TOEFLのスコアアップにおいて非常に大切なことであると考えます。


私たちが実現したいのは

 

TOEFL iBTのスコアアップ達成・目標スコア獲得による留学や進学

 

であり、何をどのように取り組むべきか、個々の状況を考慮した上で、専門家としてアドバイスをします。

 

受講生の方々に対するアドバイスは「無料」で提供しています。
何か相談したいこと、迷うことがあれば、いつでもご遠慮なくメールを下さい。
(ご相談メールの内容がアドバイスのために十分ではないと判断した場合は、状況をより理解するために質問をさせていただく場合もあります)


遅くても2-3営業日以内には回答しています。
(もし3営業日以上経っても回答がない場合は、必ずお尋ねください。極めてたまーにではありますが、いただいたメールを見失っていることがあります。どんなご相談であろうとも回答しないということはありません)

 

中には20-30回以上、メールをやり取りすることもあります。
目標スコアを獲得する日まで、求められる限り、サポートを続けます。

 

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。