TOEFL® Test概要

TOEFL(Test of English as a Foreign Language)は英語を母語としない人々の英語力を測るテストとして、米国非営利教育機関のEducationalTestingService(ETS)により開発されました。

年間のべ100万人以上が受ける世界で最も優れたアカデミックテストです。アメリカ、カナダなど英語圏のほとんどの大学が、英語を母語としない、又は、英語を公用語としない国で学位を取得した者に対してTOEFL のスコア提出を要求しています。また、世界中の英語検定テストの中で、最も幅広い国々で受け入れられているテストです。

※未受験の方が、テストを知る一番手っ取り早い方法は、ETSの無料サンプルテストを受験すること。

TOEFL本試験、または同レベルの問題で実力判定が行える TOEFL Practice Online (TPO) を早めに受験して、現在の実力を正確に把握し、目標スコア獲得の対策・戦略を立てましょう。

 

2019年8月より以下のように変わりました。

TOEFL® iBT テスト概要
セクション 時間(分) 問題数 合計点
Reading 54 – 72 30 – 40 30
Listening 41 – 57 28 – 39 30
Speaking 17 4 30
Writing 60 2 30
Total 120

 

スコアの目安

スコアはあくまで目安です

2年制大学(Community College) TOEFL iBT 46点以上
4年制大学(Undergraduate) TOEFL iBT 61点以上
大学院(Graduate) TOEFL iBT 80点以上
アイビーリーグ等トップスクール TOEFL iBT 100点以上
国内大学 学内交換留学 TOEFL iBT 61-100点

学校・専攻により、各セクション別の最低スコアを要求される場合もあります。
志望する学校のAdmission Requirementを細かく調べる必要があります。


現実的なスコア戦略 どこで何点とるのか

イーテストプレップがお勧めするスコア戦略です。
日本でを受験する多くの方を意識したスコアであり、すべての人がこのようなサブスコアを狙うべきということではありません。)

Total R L S W
60 16 15 15 14
80 23 22 15 20
100 28 27 20 25
  • 目標スコア達成の戦略は

    ReadingとListeningでスコアを稼ぐ。Reading力、Listeningの力が低いとSpeaking、Writingでもいいスコアが取れない。

  • Speakingは高いスコアを取りにくいが、低いスコアも出にくい。15は取りやすいスコア。
  • WritingTotalの4分の1を取る。W 20以下は比較的取りやすいスコア。

それぞれのサブスコアが持つ意味は、是非、葛山隆一のTOEFL®Test ブログ で 

受験アドバイス

2019年8月より以下のように変わりました。

  • 最新情報は CIEE(国際教育交換協議会 日本代表部)のHP で確認できます。大変分かりやすく、素晴らしいサイトです。申込詳細、最新情報など、正確で確実な情報が得られます。

  • iBT本試験を受けたことがない、あるいは本番と同レベルの問題で実力を養成し、現状のスコアを定期的に判断したい方は、是非、ETSの公式模擬試験TOEFL Practice Online(TPO)を受けましょう。TOEFL iBT本試験の実践的演習として、これに勝るものはありません。本試験は$235ですが、こちらは3000-5000円くらい。 TPOはご自身のTOEFLアカウント(My TOEFL Home)内から購入できます。

  • 環境は選べません。首都圏の試験会場は机にノートPCが並んでいるだけのところも多くあります。隣の人がスピーキングセクションで大声をあげて話しているときに、自分はリスニングセクションを受けている・・・ということもあります。試験は3時間を超え、精神的にも肉体的にもタフネスが必要です。

  • 日本の受験者にはほとんど知られていないようですが、テストには スコアの見直し(リスコア rescoring/score review)という制度があります。Speaking, Writingセクションの自分の点数に不満・疑問がある場合、有料でこの制度を利用できます。事例ご参照:葛山隆一のTOEFL®Test ブログ

  • 日本では試験日がほぼ土日に限定されています。また、首都圏では発表と同時にどんどん会場が埋まっているようです。テスト開催スケジュールも変更されます。目標到達の予定時期、スコア提出期限から逆算して、十分に余裕をもって受験スケジュールを立てましょう。

国内で生かすTOEFLⓇTest

TOEFLは留学のためだけではありません。TOEFLは各種政府機関、奨学金プログラムなどでもスコアが利用されています。近年は、学内単位認定や、AO入試優遇入試の目安として利用され、その数は増加の一方です。

東京大学、千葉大などの国立大学、および、慶応義塾大学、早稲田大学をはじめ多数の私立大学で、一般入試自己推薦AO入試公募推薦編入学入試の出願資格の一部として、語学試験の免除等を含む優遇措置 、 また、大学院入試の必要資料として、TOEFLのスコアが要求されています。

例)

東京大学 多くの大学院入試: 独自の英語試験を行わず、代わりに公式スコアを受付け

一橋大学 国際企業戦略研究科 (ICS)など

早稲田大学 国際教養学部、政治経済学部など

上智大学 AO公募入試、編入学入試、国際教養学部入試など

慶応義塾大学 SFC AO入試、FIT入試、法科大学院入試など